給湯器ラボ

給湯器の設置や耐用年数など、細かくご紹介していきます。

給湯器がつきにくいと感じたときは交換のサインかも?

給湯器を長年使っていると、お湯が出なくなったり異様な音が発生したりして、給湯器がつきにくくなったと感じたことってありませんか?そのように感じたときは、そろそろ交換のタイミングかもしれません。今回は、急に給湯器が使えなくなって困ることがないように、給湯器の交換のサインを紹介したいと思います。

交換のサインを見逃さないように、参考にしていただければと思います。

給湯器の寿命は結構短い!?

給湯器はどのご家庭にもあると思いますが、給湯器がいったいどのくらい稼働しているかまで考えたことがあるという方はかなり少ないと思います。普段日常生活で使用している家電製品に寿命があるように、給湯器も機械ですのでもちろん寿命があります。

給湯器の寿命は、一般的に10年~15年と言われています。知らない方も多いと思いますが、給湯器も家電です。どの家電製品も10年くらいで買い換えますよね。ですので、10年くらい経ったら給湯器の換え時と思うようにしましょう。

壊れてから慌てて換えると、生活スタイルに合っていない給湯器を急遽購入しなければならなくなるので、いつ故障してもおかしくない時期に突入したら、故障する前に交換することがポイントです。

給湯器が故障したらどうなる?

給湯器も消耗して時が立てば次第に劣化して故障します。給湯器が故障すると、様々な症状が起こります。まずお湯が出なくなることがイメージできると思います。お湯が出なくなるということはお風呂に入れなくなるので、生活する上でお風呂に入れないことはかなりのストレスになります。

私は以前地震に遭ったことがあり、1週間お風呂に入れない状況を経験したときに、何より髪を洗えないことが一番のストレスでした。ですので、給湯器がつきにくくなったら、お湯が使えなくなる=お風呂に入れなくなるということをすぐにイメージして、早急に対策することをオススメします。

また、お湯だけでなく水が出なくなることもありますし、他にも、異音やニオイ、煙が発生することもあるので、これらの症状が出たらすぐに使用を止めましょう。

給湯器の故障のサインとは?

給湯器が壊れたらお湯が出なくなるのですが、生活に影響する前に故障に気づきたいですよね。お湯が使えなくなる前に給湯器を修理や交換するためには、軽度の故障に気づく必要があります。給湯器が故障した場合、まずお湯の温度が安定しなくなります。

設定した水温の水が安定して供給されず、温度が高くなったり低くなったりします。ですので、お湯は出ていてもお湯の温度が安定しなくなったら故障の前兆(軽度の故障)と思っていいでしょう。また、設定温度よりも蛇口から出るお湯の温度が低く、お風呂のお湯がぬるくなったり、追い炊きができなくなったりした場合も故障のサインです。

他には、給湯器から「ボッ」という着火音がなったときは要注意です。

給湯器が故障したら修理と交換どちらがいいの?

上記のような症状が見られたら、給湯器の修理もしくは交換が必要な状況です。では、修理と交換を使い分ける判断基準ですが、設置からどのくらい時間が経過しているかを参考にします。給湯器の寿命は10年~15年ですが、使用状況や設置環境によって当然寿命期間は短くなりますので、10年以内でも寿命を迎える場合もあります。

目安としましては、設置から7年経過していればそろそろ故障を視野に入れて行動した方がいいです。

設置して7年以内であれば、給湯器の不備が考えられるので、この場合は給湯器のメーカーに修理の相談をしましょう。保証期間内であれば無料で修理をしてくれます。次に、給湯器の設置から7年以上10年未満の場合は、給湯器の寿命よりは短いので修理の選択をしてもいいのですが、先ほど申したように給湯器が置かれている環境によって寿命は変動するので、このタイミングで交換をするのもアリだと思います。

7年以上経過しているとそれなりに部品が劣化し、修理費が想像していたよりも高くなることもあります。ですので、業者に修理依頼を出して、修理費が許容範囲内であればそのまま修理に出し、その場で即決できないような額であれば交換を選択した方がいいと思います。

修理に出したとしても、その3年後には交換をしなければならない可能性が高いので、異常が見られたら無理に修理をするのではなく、交換した方が寧ろ安くつくかもしれませんね。最後に、10年以上経過している場合は、修理ではなく交換した方が良いです。

それこそ修理に出してもすぐに壊れる可能性が高いです。

関連記事:給湯器の設置場所について

給湯器選びのポイントとは?

給湯器はお湯を出すために必要な機械であることはご存知の方も多いと思いますが、今では様々な機能を持った給湯器が出ています。給湯器には、自動湯はりや追い炊き機能がついたふろ給湯器 、給湯機能だけがついた給湯専用機、床暖房や浴室暖房乾燥機機能がついた暖房専用機 、全機能がついた暖房機能付給湯器 の4つの機能があります。

基本的には故障した給湯器の種類に買い換えるのですが、使用したい機能や必要のない機能があった場合は、利用目的に合わせて購入を検討してみてください。また、従来タイプとエコジョーズタイプがあります。エコジョーズタイプは、発生した排気熱を再利用する機能があり、熱効率を良くするだけでなく、CO2排出量も削減されるので環境に優しい給湯器なのです。

エコジョーズタイプは、本体価格は高いですが月々のガス代が安くなるので、家族構成が多い世帯ではエコジョーズタイプをオススメします。家族構成が少ない世帯や元々のガス代が安い方は従来タイプでいいと思います。そして、1分間に出るお湯の量(リットル)を示す給湯器の号数は注意するポイントです。

一度に複数個所で使用する場面が多い世帯ほど号数が大きいタイプを選択しましょう。単身者から2人の場合は16号、2~4人の場合は20号、4人以上の場合は24号がオススメです。

使用人数に合っていなければ、同時に使用したときに水量が減るのでストレスになる可能性があります。ですので、号数選びは間違えないようにしましょう。給湯器であれば何でもいいというわけではなく、購入後に後悔しないで済むようにきちんと使用目的に合わせて給湯器を選ぶようにしましょう。

そのためには、余裕がある段階で次の給湯器はどれにするのか、故障した場合はどうするのかを考えておくと、スムーズに交換時期を乗り越えられると思いますよ。

© 2019 給湯器ラボ Bluesand Theme