給湯器ラボ

給湯器の設置や耐用年数など、細かくご紹介していきます。

給湯器の耐用年数について

給湯器は日常生活で使う場面が多く、欠かせない製品の一つです。多くの他の製品と同様に、給湯器にも耐用年数が存在します。給湯器の耐用年数はどれくらいで、どのようなことが給湯器の寿命に影響するのかについて、把握しておくことは正しく給湯器を使うためにも重要です。

このページでは、給湯器の耐用年数について説明していきます。

給湯器の耐用年数はどのくらいの長さか

メーカーによって異なりますが、給湯器の耐用年数は一般的に10年ほどです。長い物では15年ほどのものもあります。給湯器を販売するメーカーは、標準使用期間というものを設定する必要があります。

これは標準的な使用条件において、安全面で問題なく使用することが可能な期間を示したものです。つまり耐用年数は、安全に給湯器を使用するために設定されています。耐用年数が決まっているとはいえ、その年数を過ぎたから直ちに給湯器が使えなくなるというわけではありません。

しかし多くのメーカーは、耐用年数を過ぎた製品の部品を持っていないケースがほとんどです。そのため、耐用年数が過ぎた給湯器は修理が不可能であったり、修理が可能であった場合でも費用が高額になったり時間がかかったりすることが非常に多いです。

耐用年数が過ぎた給湯器が故障した場合、修理よりも新しいものに交換することが望ましいです。

給湯器の耐用年数と寿命について

給湯器の耐用年数はあらかじめメーカーが定めているものです。しかし実際は、同じ給湯器を使用していても長持ちするケースもあれば、すぐに故障してしまうケースもあります。経年劣化だけではなく、給湯器の寿命については利用者側の使い方や設置する場所、使用する頻度などが大きく影響を与えています。

そのため必ずしも、耐用年数と同じくらいの長さで給湯器が正常に稼働するとは限りません。給湯器は頻繁に購入するような製品ではなく、決して安価に購入できるものでもありません。せっかく給湯器を使用するのであれば、可能である限り長く使用していきたいですよね。

そのためにも、給湯器の寿命を延ばす方法を把握し、自身の使い方に問題が無いかを確認することが重要です。そのうえで、正しく使用していくことが望ましいです。

関連記事:給湯器の設置場所について

給湯器の寿命を縮めない設置場所の工夫について

給湯器の設置場所と寿命には大きな関係があります。寿命が縮まってしまう設置場所として、周辺に物が多い場所が挙げられます。給湯器は吸排気を行うため、排気口周辺に十分なスペースがあることが重要です。スペースに余裕がないと、排気したガスを再び給湯器本体に取り込んでしまうことになり、不完全燃焼を起こす原因になってしまいます。

排気ガスを取り込むことで、給湯器の部品を傷めてしまうからです。また排気口周辺の可燃物に引火し、火災が発生したという事例もあります。適切な距離をとって給湯器を設置することは、給湯器のパフォーマンスを下げないというメリットもあります。

以上の点から、特に排気口周辺のスペースには余裕を持たせることをおすすめします。屋外に設置されている方は、給湯器が直射日光に当たっていないかどうかを確認するのも重要です。紫外線が給湯器本体を劣化させてしまう危険性があるからです。

また、雨風も給湯器の寿命を縮める原因となります。そのため、なるべく雨のあたらない場所に設置することが望ましいです。マンションやアパートに住んでおり、パイプスペースに給湯器を設置している人は、他の配管が吸排気の妨げになっていないかどうかも確認しておくのが良いです。

給湯器の設置場所については設置基準が定められているので、設置基準を守って設置するようにしましょう。

関連記事:給湯器がつきにくいと感じたときは交換のサインかも?

給湯器の寿命を縮めない使い方

使い方によって、給湯器の寿命は大きく変わります。まず入浴時に気を付けなくてはならないこととして、入浴剤の使用が挙げられます。追い焚き機能を使う方は多いですが、中には浴槽に入浴剤を入れた状態で追い焚き機能を使う方も少なくはありません。

追い焚きは、浴槽中のお湯を取り込み加熱し直すものです。入浴剤を入れた状態だと、入浴剤中の様々な成分が、給湯器の内部に入ってしまいます。入浴剤中の硫黄やその他の成分は、給湯器内部の配管に反応し劣化させます。

したがって、給湯器を長持ちさせたければ、入浴剤を入れたときには追い焚き機能を使わないことが望ましいです。また、給湯器の掃除も定期的に行っていくことが重要です。

給湯器の寿命が縮まってしまう原因として、給湯器に負担がかかっているということが挙げられます。排気口や浴槽にあるフィルターは特に埃が溜まりやすく、掃除をするときに目が届きにくい場所でもあります。埃が溜まることで、ガスの吸排気やお湯を取り込むための通り道が狭くなり、給湯器に負担をかけてしまうことに繋がります。

給湯器の掃除は、細かいところまで丁寧に行いましょう。給湯器に限らず全ての製品に言えることですが、定期点検をやっておくこともおすすめします。どれだけ正しく使用していても、給湯器の内部がどのような状態になっているかは、業者でないと確認することができません。

給湯器を長持ちさせたいのであれば、給湯器の状態を確認してもらうことをおすすめします。

給湯器の寿命を示すサインについて

寿命が訪れた給湯器は、何かしらのサインを示すことが多いです。その一つとして、給湯器から出る音がいつもと違うということが挙げられます。例えば、いつもより大きな音や高い音などが出た場合は、寿命が近い可能性が高いです。

また、小さな爆発音が聞こえる場合もありますが、これはガスの燃焼が正しくできていない可能性があります。寿命が近いだけでなく、安全面でも危険なので点検してもらうことをおすすめします。また排気ガスの色が普段とは異なる場合にも、寿命を示すサインである可能性が高いです。

白い煙であれば問題ありませんが、黒い煙であれば注意が必要です。前述の小さな爆発音と同様に、きちんとガスの燃焼ができていない可能性があります。火災につながる危険性も高いので、気づき次第点検してもらうことが望ましいです。

この他にも以前と比べて変化した点があれば、寿命が近づいた可能性を考える必要があります。ただ緩やかに劣化しているケースも多く、給湯器の変化に気づきにくいものです。長く給湯器を使用している方は、特に注意が必要です。

© 2019 給湯器ラボ Bluesand Theme